メスを使わないプチ整形のヒアルロン酸注入で頑固なほうれい線を解消

HOME>トピックス>老け顔もプチ整形で解消

顔の見た目が若返る

女性

自分の本当の年齢を変えることはできなくても、見た目年齢はケア次第で若返らせることも、逆に老けさせてしまうことも可能です。特に顔は加齢によるシワによって見た目年齢が上がってしまいやすいパーツで、特に顔の中でも「ほうれい線」は老け顔を招く要因となります。ほうれい線は1cm伸びただけでも5歳は老けて見えると言われるほど、老け顔になってしまう深いシワです。しかもスキンケアで改善することが難しい、頑固なシワでもあるので悩んでいる人も多いのではないでしょうか。頑固なほうれい線を解消したいなら、メスを使わないプチ整形の「ヒアルロン酸注入」がおすすめです。

施術の仕組みをチェック

ヒアルロン酸注入は美容皮膚科や美容外科クリニックといった、美容系のクリニックでポピュラーに行われているプチ整形です。ほうれい線は頬の皮膚がたるんだことにより、口の横に溝ができることで起こるシワですが、このプチ整形ではヒアルロン酸で溝部分を埋めてほうれい線を目立たなくします。注入するヒアルロン酸は注射器でほうれい線部分へと注入しますが、事前に麻酔をするので注入時に痛みを感じることはありません。麻酔と聞くと注射をするというイメージがありますが、ヒアルロン酸注入の場合は塗るタイプやテープ状の局所麻酔をするのが一般的です。注射針を刺さない局所麻酔が用いられるので、ヒアルロン酸注入で痛みを感じるということは、ほとんど無いでしょう。

持続する期間をチェック

プチ整形は施術の効果が半永久的に続くというものではないので、ほうれい線をヒアルロン酸注入で解消したいという場合は、持続期間をチェックしておくことをおすすめします。持続期間は個人差があるものの、通常のヒアルロン酸を使った方法であれば半年から1年程度、ほうれい線は目立たなくなります。クリニックによってはより長く若返り効果が続く、長期型のヒアルロン酸を使っていることがあり、この場合の持続期間は約3年程度が一般的です。

広告募集中